昨夏くらいから笛吹きというよりランナーになっていたのですが、ここ1ヶ月くらい、走ることより楽器演奏することの優先度が上がってます。
4月に本番が2つあったこと、夢十夜や木五の練習が始まったこと、マラソンシーズンが終わりを迎えようとしていること、などが要因かと。
…というか、単純に抱えてる曲(本番)が多い。

管弦楽曲

  • ヴェルディ レクイエム (1st)
  • レ・プレリュード (3rd&picc)
  • マスクとベルガマスク (2nd)
  • グラズノフ 交響曲8番 (3rd&picc)

アンサンブル曲

  • ライヒャ 木管五重奏 ハ長調
  • カステレード 笛吹きの休日 (3rd/1st/2nd/1st)

あと本番はないけど、吹奏楽のレパートリー練習が3曲。
改めて列挙すると「なんでこうなった?」と言いたくなる量。
これに対して控えてるレースは1レースのみ。楽器中心になるのも当然の話かもしれません。

譜読みが遅く、ちゃんとさらわないと吹けない人なので一気に曲が増えると結構大変です。さらうのも楽しいのでさらうこと自体は苦ではないのですが。時間を作ればいいだけ(でもこれが一番難しい)。