第50回青梅マラソン

一昨年エントリーしたものの雪で中止となってしまいましたが、今年はちゃんと開催。
晴れて気温が上がる上、風が強いという予報でしたが、風は終盤で向かい風が強かったくらいで他はそんなに気になりませんでした。気温も許容範囲内でした(気象庁よると青梅の最高気温は14.5℃)。

ゼッケン引き換えもあるし、早めに…と思って9時過ぎに会場到着しましたが 受付はとってもスムーズで、時間を持て余してしまいました。更衣室は十分な広さだったし、トイレの列も長くなく(女子は)、スタートまで快適に過ごせました。
練習用コースがあって皆さんアップしてたので、私も少しだけジョグ。

スタート30分前にはスタート位置へ…今回はまさかの最後尾。どうも初参加だと申告タイムは考慮されないらしい? これは大渋滞必至 目標タイム(2:40)クリアを早々に諦めました。
スタートで待ってたら、なんとサークルの先輩に声掛けられてびっくり。お互い走ってるの知らなかったものですから。よくわかったなぁ。スタートまでおしゃべりしてました。

そしてスタート。
タイムロスは10分半。

00-05km 28:32 5:42/km
05-10km 28:00 5:36/km
10-15km 28:22 5:40/km
15-20km 27:19 5:28/km
20-25km 27:11 5:26/km
25-30km 25:44 5:09/km
--------------
total 2:45'08"

序盤の渋滞は覚悟してましたが、5km辺りで快適に走れるようになってきた…と思ったらまた詰まる。道が狭いので抜きにくい…イラつきながら走ってました。こういうときはタイムは求めずファンランでって割り切れると良いのでしょうけど、なかなかできません。性格ですね。
折り返したらマシになるかなぁ?と思いましたが、やっぱり流れたり詰まったり。
最後にスパートかけたものの、なんだか消化不良のまま終わりました。うーむ。しかし下り坂基調とはいえ、向かい風の中よく頑張ったな、最後。

…と、レースの出来は不満でしたが、沿道の応援や私設エイド、アトラクションなどなど終始賑やかなコースでとっても楽しめました。アップダウンありますが特大の坂はないので、上ったり下ったりを楽しめました こういう適度なアップダウンあるコースの方が好きみたい。
ネックは渋滞だけ。
来年度は陸連登録するから前の方から走れるはずだし、また出ようかな。

ゴール近付いてきたあたりから風が強くなり、ゴール後はどんどん体温奪われて凍えてました(汗かいてますからね…)。着替えた後に屋台で何か食べようかなと思ってたのですが、(更衣室のある)小学校は屋台ゾーンから離れていたこともあり、直帰。

Garminによると、Recovery Timeは3.5日必要だそう。日単位の数字を見たのは初めて。アップダウンで結構体力使ったんだな。今はあまり足の疲れは感じないけど、明日はやっぱり筋肉痛になるのかしら…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です