ライトな演奏会

年明け4回目の演奏会にしてやっとサントリー初詣した昨日。

  • 秋山和慶&東京交響楽団 18:00play@サントリー
    • ヒンデミット:ラグタイム
    • ケルシェック:トランペット・ダンス (Tp. マティアス・ヘフス)
    • ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲 第1番 ハ短調 作品35 (Pf. 小曽根 真、Tp. マティアス・ヘフス)
      [encore] 小曽根真:My Witch’s Blue
    • ショスタコーヴィチ:ジャズ組曲 第2番

正直ショスタコしか眼中になかったのですが、トランペット・ダンスのヘフスさんがすごすぎた…。ソロトランペット吹きながら登場した後はもう聴き惚れっ放しでした。こんなに素晴らしいトランペッターの名前、恥ずかしながら存じ上げておらず…しっかり覚えておこうと思ったのでした。リサイタルとかあったら行きたいなぁ。
ドラムはオケでも真ん中なんだなとか、シロフォン叩いてマレット離さないなんて奏法あるんだとか、新しい曲ならではの楽しみも。現代曲だけど調性音楽の範囲で楽しい曲でとっても楽しめました。

ショスタコ2曲の前に休憩。トランペットがめちゃくちゃ上手だったのでピアコンへの期待が高まります。ソロが小曽根さんですからね!
ピアコンは期待通り。最後は圧巻でした。
しかもソリストアンコールまで。ソリストアンコール、まさか即興?と思ったけど、さすがにそんなことはなかったようで、曲名ちゃんと出てました。

そして最後に通称ジャズ組曲2番。
ほんとのジャズ組曲2番は違う曲だけど、今までこの名前で呼ばれてたのでプログラムも合わせました、とのこと。舞台管弦楽のための組曲、だそうで。本来の2番が出てきてややこしいことになっちゃいましたね。
曲がたくさんあるけどアタッカではないので時間の割に長く感じますが、色んな曲があってあまり飽きませんでした。

いつもとは一味違った演奏会変わった演奏会、ウィークエンドにぴったり。たまにはこういう演奏会も良いです。年間で買ってなければわざわざ買いはしなかったろうな、と思うと年間券てやっぱいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です