ソヒエフ&N響:幻想交響曲

今週は演奏会3回。本日2回目。NHKホールへ。

  • トゥガン・ソヒエフ&NHK交響楽団 19:00play@NHKホール
    • ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102 (Vn. フォルクハルト・シュトイデ / Vc. チェロ:ペーテル・ソモダリ)
    • ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14

駅から遠いので意外と時間かかるNHKホール。平日にNHKホール行くときは夕飯食べる時間がほんと少ない。最近は乗換え駅にある讃岐うどん屋さんに行ってます。

ブラームスの二重協奏曲とベートーヴェンの三重協奏曲が入ったCDを持っているのですが、ベートーヴェンの方が圧倒的に好きで。この2曲比較したときに二重協奏曲がいまいちなのであまり好きな曲って思えなかったのですが、三重協奏曲と比べるとそうでもないだけで実はこの曲好きなんだった、と思い出しました。聴きながら。
出だしのソロチェロの素晴しい音色を聴いた瞬間からすっかり惹き込まれました。最初はチェロと比べるとヴァイオリンがちょっと物足りない感じがしましたが、いつの間にやら本領発揮で素晴しい演奏でした。2楽章なんかたまりませんね! この2人のソリスト、ソヒエフ指揮ウィーンフィルの演奏で同じ曲を弾いているそうで…そりゃうまくいくわけです。いや、別に2度目じゃなくたってうまくいくでしょうけど。

休憩挟んでメインは幻想交響曲。
クラリネット、1stは3本、2ndは4本も持ってる。A, B, C, Esかな?でもEs管は1stだけでは?? ステージに立ってるクラリネット見て何管かなんてわかりません…。テレビ放送したときに夫さんに聞いてみよう。
菅原さんのピッコロが今日も気持ち良くホールに響き渡っておりました。こんなピッコロ聴いたらピッコロ吹きたくなってしまう。菅原さんのピッコロ聴いたときはいっつもそうです。でも人によっては「ピッコロうるさい」て言いたくなる音量かもしれません。私はこれくらいが嬉しいけど。

2曲プロだから今日の終演時間は早そうだな、と思ったのに、ホール出たのは20:55頃でした。思ったよりは長かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です