9月に本番があった夢十夜のカルメンのBDが届いたので視聴。
当日字幕あったし、オペラをBDで観るのだから当然字幕があるんだろうと観始めて愕然。まさかの字幕なしでした。どの曲がどんな場面かはさすがに理解してますが、それを一緒に観てる人に説明するとなると…。というわけで、
[bm url=”http://www31.atwiki.jp/oper/pages/225.html” description=”カルメン(レチタティーヴォ版)の日本語歌詞対訳を掲載しています。オペラ対訳プロジェクトは、名作オペラの日本語対訳をウィキを活用してみんなでこつこつと訳出し、オペラファンに提供するプロジェクトです。”]カルメン(レチタティーヴォ版) | ビゼー | オペラ対訳プロジェクト[/bm]
ここで和訳をチェックしつつの鑑賞。

演奏会形式だけど演出付き。でしたが、演出は舞台の後ろで行われていたので全く観れず。やっと後ろでどんなことがやられていたのかやっと観ることができました。こんなに色々やっていたんですね…。色んなパートに頑張れーとエールを送りながらも、楽しめました。
しかしカルメンやっぱり長いですね。オペラとしては特別長い方ではないとは思いますが…。今日ほとんどカルメン観ただけで終わってしまった気がする。

自分の出来は…概ね及第点でしょうか…。2ndだし。ピッコロはもう少し音量出ても良かったかなぁ、という気も。あとHigh H外したのはやっぱり悔しい。練習不足は否めず、もっとしっかり練習しておけば良かった。
でもまぁ、オケ全体としても思ったより良い出来でした(色々と冷や冷やする場面はありましたが)。ホールの助けのお陰?