平日のNHKホールは久し振り。副都心線の明治神宮駅からは少し距離あるから、副都心線からだと渋谷駅の方が近いのかしら…でも渋谷も副都心線はNHKホールと反対だし、何より人が多い。やっぱり明治神宮から歩くのが良い気がします。
今日はAプロだけど金曜日。確か昨年もそうだったような気がするけど、これは会場の都合なのか指揮者の都合なのか。平日派の私としては助かりますが。

  • シャルル・デュトワ&NHK交響楽団 19:00play@NHKホール
    • R.シュトラウス:楽劇「サロメ」(演奏会形式)
      • ヘロデ:キム・ベグリー
      • ヘロディアス:ジェーン・ヘンシェル
      • サロメ:グン・ブリット・バークミン
      • ヨカナーン:エギルス・シリンス

今日のフルートは神田さん。2-4番は皆さんトラかしら…。
演奏会形式のオペラって今までにも何度か観てて(聴いてて)、演奏に集中できて良いなと思っていたのですが、サロメはやはり舞台で観たいなぁ…と思ってしまいました。そしてリヒャルトの音楽だとオケも大編成ですから…ピットに入ってないと歌い手さんは大変ですね。ちょっと何人か聴こえずらい方はいました。NHKホールだしね…。

最初はなかなか入り込めなかったのですが、演奏が悪かったわけではなく。気付いたらすっかり惹き込まれていました。
やっぱりサロメは面白いです。最後にサロメがヨカナーンの生首もらって陶酔しているシーンなんか特に。
ヨカナーンの声だけ聴こえるシーン、マイク使っていたのかな。マイク通しちゃうなんて勿体ないって思ってしまいますが、ホール中に響き渡るのでこれはこれで良かったですね。舞台袖からだと遠くから聴こえる感じになるので、ちょっと違うような気はする。

両隣が空き席でラッキーでした。定期会員さん欠席だったのかな。まぁ、いつもと曜日も時間も違うからしょうがない…。
デュトワ良いですね。来週のマーラーも楽しみ。フルートも神田さんだといいな。

投稿タグを探索