葛西臨海水族園

土曜日は天気が良かったので思い付きで葛西臨海水族園へ。東京の東の果ては遠いように思うけど、乗り換え1回しかないと近く感じる。実際思ったほど時間かからない。

葛西臨海水族園の入口の目の前ではよく大道芸やってますが、今日もやってました。もう最後っぽかったし、なんとなく見始めてみました。大道芸好きなのですが最近鉢合わせる機会がなかなかなく…久し振り。でもパフォーマさんの名前は忘れちゃいました。というか掲示してなかった? 名乗ったかもしれないけど。
トークがあまり好きじゃなくて、しかも風が強くてなかなか技が成功しなくて、正直ちょっとイマイチ…? ただ、途中「もうやめろ」とか「下手くそ」とか言ってくるおじいちゃんがいて、あれは可哀想でした…。しかもそのおじいちゃん結局途中で帰っちゃったし…。つまらなかったら黙って帰ればいいのに。あんなこと言ったって誰も得しないじゃない。
というわけで、楽しむというよりは応援しながら最後まで観ました。

で、メインの水族園。
葛西臨海公園は2年前に自転車で来ましたが、水族園に来たのは更に2年前キングペンギンの赤ちゃんを観に行ったとき。今回もペンギンがお目当てですが、マグロがどうなってるのかも気になってました。

入ったらちょうどペンギンの食事タイム間近だったのでさっさとペンギンの方へ。まだ人が集まり出し始めたところでど真ん中を陣取れました。あっと言う間に後ろは人だかりになったので、絶妙のタイミングだったみたい。あれ?葛西ってフンボルトとフェアリーしかいないんだっけ?と思ったら、夏の間はキングとイワトビは冷房室にいるそうです。知らなかった。かっこいいキングペンギンの姿が拝めず残念。でもフンボルトとフェアリーもかわいかったから良いか。ほんと、ペンギンて見てて飽きないですねぇ…。

マグロの水槽は思ったよりは賑わってましたが、でも昔を知ってるとやっぱり寂しいですね。あのひしめき合ったマグロが泳ぎ続けているさま、圧倒されますが、この数では圧倒しません…。でも一匹一匹をゆっくり見れるという点では良いかもしれません。

というわけでたっぷり2時間楽しみました。それでも途中結構飛ばしたところあるので、ちゃんと観ようと思ったら午後一番か、ゆっくり休憩しながら観るなら朝から行っても良いかもしれない。

すっかり疲れて夕飯準備する気力もなく、夕飯食べて帰ろうと思ったら葛西臨海公園周辺には手頃な食事処がなく…結局池袋のルミネで台湾料理を食べて帰宅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です