週3回

地味に(?)今週は3回も演奏会。第1日目の本日はレアなミューザ川崎。会社からは近くて時間を持て余してしまうほどですが、その代わり家までの道のりが長いのが難点。でも月曜夜でも気にせず行ける程度の通さ。

  • トゥガン・ソヒエフ&トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団 19:00play@ミューザ川崎
    • ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11 (ナショナル・エディション) ─Pf. ユリアンナ・アヴデーエワ
      [encore] ショパン:ワルツ第5番 作品42
    • リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェヘラザード」Op.35
      [encore] ビゼー:歌劇「カルメン」より第3幕への間奏曲
      [encore] チャイコフスキー:バレエ音楽「胡桃割人形」よりトレパック
      [encore] ビゼー:歌劇「カルメン」より第1幕への前奏曲

大好きなショパンのピアノ協奏曲(「大好きな」のは「ショパン」ではなく「ショパンの協奏曲」)。しかしナショナル・エディションというのは初めて聴きました。聴き慣れたのとは違う版をやるということを知らずに聴き始めたもので、聴きながら密かにびっくり。こっちの版の方が技巧的に聴こえます。こっちが原典に近いんですね。結構違う。協奏曲の演奏も良かったですがアンコールがまた素晴らしかった。リサイタルとか聴きに行きたくなります。
メインのシェヘラザードも大好きな曲。まさに「躍動感溢れる演奏」でした。中盤からどんどん楽しくなって惹き込まれて…あっという間に曲が終わってしまった。ソヒエフさんは一昨年聴いたN響とのチャイ5が印象に残ってて即買いしてしまった今日のチケットでしたが、正直序盤は「あれ?こんな普通な感じだっけ」なんて思ってしまいました。中盤からどんどん持ってかれた。期待通り満足の今夜でした。

残り2回は金曜と土曜のサロネンさん。こちらも楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です