工大祭

CEATECに行こうと思っていたのですが、幕張まで行くの面倒になってしまって。工大祭へ行くことに。管弦楽部のミニコンサート、今年は1日目らしい。

  • 東工大管弦楽団 ミニコンサート 11:30play@70周年記念講堂
    • サンサーンス:交響詩「死の舞踏」
    • ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」より第1楽章
    • ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
    • チャイコフスキー:バレエ音楽「胡桃割人形」より花のワルツ

私が現役の頃は東工大オケが一番下手だったときだったので、当時と比べると曲目も出来も「あぁ今は上手なんだなぁ」と思う。花のワルツとハンガリー舞曲5番は自分もミニコンサートでやったので、懐しさもいっぱい。当時を思い出しながら聴いたりして。楽しかった。
音量の大小はあるんだけど、cresc., decresc. はあんまりないのがちょっと勿体なかったかしら。まぁ、学指揮だし、これを揃えるのは大変なんでしょうけど。

お昼はたんや。たんや丼食べる気満々だったのに、どうも数年前に終わってしまったようで…残念。四川の担々麺も昔と随分違ってしまっているし、「学生の頃食べたあの店」はあっても「学生の頃食べたあの味」はもうなかなか残ってないのだなぁとちょっと寂しくなる(それ言うとキャンパス内も色んな建物が壊されたり、建てられたりして、当時とは随分変わっちゃってますが)。
というわけで担々麺食べた。辛口でもそんなに辛くないんですね。美味しかった。

午後はオケのOBによるDYM管弦楽団さんのプルチネッラを聴き、演奏喫茶に行って、後輩の研究室紹介をひやかしに行って、火の鳥焼き食べて、ロスガラ喫茶に行って。しっかり18時まで工大祭を満喫してしまいました。
こないだ夢十夜に乗ってたコが弾いててびっくり。1年生だったのか…。
2つ上のFgの先輩にばったり会ってびっくり。
当時の思い出話をしながら演奏を楽しみました。モーツァルトのFl4やってるの聴いたら自分もやりたくなってしまった。弦とのアンサンブルもまたやりたい。なかなかやる機会がないのだけど。

帰りの電車は眠くて、もう疲れて帰ってから何もやりたくない感じでしたが、最後の力を振り絞って(?)1時間ほど楽器を吹きました。夜は早めに就寝。
疲れた。けど楽しい1日だった。もう大岡山を離れて10年近く経つけど、母校の大学祭というのは楽しめるものですね。来年以降も都合がつけば行こうかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です