またしても

ガリレオの苦悩 (文春文庫)東野圭吾さん本。図書館行くと、宮部みゆきさん、東野圭吾さん、森博嗣さん、横山秀夫さん、と好きな作家さんの本は一通りチェックするのですが、文庫本はあまり数がないので中々借りれることは少ない。けど、どうも最近は東野さんは読んでない本に出会える率が高いよう。とはいえ、先日読んだ「同級生」はうっかり再読だったんですが。再読といえば「天空の蜂」は東野さんの本を読み始めてばかりの頃に読んだ本で正直ぼんやりとしか内容思い出せないのですが、とにかくめちゃくちゃ面白かったことだけ覚えてる。また読もうかなぁ。

今日読み終えたのはガリレオシリーズ。映画を観に行ってしまったので、そのときの俳優さんが思い浮かんじゃいそうでそれはちょっと残念だな…と思いつつ読み始めたのですが、案外そうでもない。やっぱり、福山さんは本で読んで知ってた湯川学のイメージとはちょっと違ったんだなぁ。
短編集でするする読めました。東野さんは長編の方が断然好きですが、展開の速い短編も良いかも。特に登場人物が魅力的なシリーズものは色んな話が入ってると楽しみも増える。薫のキャラはかなり好きです。お転婆系じゃないのがまた良いですね。ガリレオシリーズは全然読めてないので予約して借りようかなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です