描くだけで毎日がハッピーになるふだん使いのマインドマップ今日は夫が飲み会でいないというので「じゃあ残業しても良いかな」と若干迷ったものの、別にすることもないかと定時退勤。でも迷って時間喰ったせいで駅まで走るハメに。別に急ぎじゃないけど、逃すと15分待ちになってしまうのです。乗換駅に着いたところでリップクリームを買いたかったことを思い出し、5分くらいの時間を使って買いに走る。ゆっくり買えば良いのにね…。走ったかいあって予定の電車には乗れましたが。

一人だと超簡単なものしか作らないので(野菜しか使わないので調理が速い)、夕飯準備〜片付けまで30分で終わってしまう。夕食後に明日の朝食のため買い物行ったら、色んなものが品薄でびっくりしました。明日の雪に備えて皆さん買い込んだんでしょうかね。明日の分まで買い物しようかと思ったけどその気もなくなる品薄さでした。まぁ、諦めて明日買い物しよう。

本当はハードカバーの本読んでいたのですが、一昨日会社の図書館で専門書借りて読んでた関係で電子書籍の本を先に読み終えました(本2冊かばんに入れると重いから)。その専門書は最初だけ読んで私には向いてなさそうと判断し、来週には返すことにしてしまったのですが。
マインドマップの本は前にも読んだことがあるのですが、何となく敷居が高く感じてしまって、取り入れるに至ってない。で、忘れかけていたのですが、色んな例が挙げられてて、気軽に取り入れる気持ちになれそうな気がしたので読んでみました。果たして結果は…期待通り。「絵が苦手なのでセントラルイメージは…なんて言う方がよくいますが」なんて話も載ってて、あぁ、まさにそれだわ私、と。そうなんですよね。今まで見た「マインドマップの例」ってイラストレータさんが描いたようなキレイな絵、キレイなブランチ。とてもあんなの私には…て思ってしまう。そんな構えなくて良いんですよ、ルールはあるけどそれを知った上でならルールを逸脱した描き方したって良いんですよって教えてくれた本でした。ちょっと、さらさら試してみようかしら。