アマオケ

久し振りにアマオケの演奏会へ。久し振りって言っても8月以来ですが。

  • オンディーヌ室内管弦楽団&茂木大輔 14:00play@フィリアホール
    • ベートーヴェン:バレエ音楽「プロメテウスの創造物」より序曲
    • モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 (Vn.高橋渚、Va.高橋梓)
    • ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

青葉台もすごい久し振り。
混雑が予想される、満席かもしれない、などと聞いて開場時間くらいに入りましたが、無事2階席センターをゲット。開演ぎりぎりで複数で来られた方は席を探すのが大変だったよう…。小さな会場とはいえ凄いですねぇ。
さて演奏。前プロはとっても良くて「さすが上手だなぁ」という感じ。特に弦が良かった。パート毎にきちんとまとまってるし、弦全体としても綺麗でした。中プロはソリストに聴き惚れて。ベートーヴェンのトリプルコンチェルトなんかもそうですが、ソリスト同士の掛け合いがあるソリスト複数人のコンチェルトっていうのは普通のコンチェルトとはまた違った楽しみ方があって好き。
前中良かったので大期待で聴いたメインでしたが、集中力切れ?だったのかちょっと拍子抜けでした。木管は良かったのですが。
ともあれ久し振りにアマオケの演奏を聴いて刺激を受けました。たまにはアマも良いですね。私もオンシーズンになったので頑張って練習しないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です