日本史

読む年表 日本の歴史 (渡部昇一「日本の歴史」)特に明治以降の日本の歴史をざーっと勉強したいなとずっと思っていて、図書館でそういう本探してて。この本より前にも1,2冊読んだものの挫折していたのですが…やっと読了。何と神代から始まって、最後のページは東日本大震災という。そして明治以降の部分にもかなりのページが割かれてます。
時系列に沿って説明されているので、授業でやったけどすっかりぐちゃぐちゃになっていた流れが何となく理解できたのは良かったです。あと授業であまり取り上げられた記憶がない、鎌倉幕府倒幕のきっかけとなった楠木正成の抵抗、源平交替思想、戦国武将の家では当たり前に行われていたという系図の売買、などなど興味深かった。

まぁ後は最も知りたかった明治〜現代の歴史の流れをざーっと知れたのが良かったです。
田母神さんの本読んだり田原さんの本読んだり、したときに部分的に入ってきた情報がちゃんとすっきり整理されたような気がします。
ただ、私がこれまでに読んだ本は主に日本の立場に立って書かれた本なので、違う立場の人の語る歴史についても読むべきだなとは思っています。それぞれの言い分を知りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です