チャイ5 第二夜

年休明けての出張。みなとみらいで開催されているEmbedded Technology、EDSFairへ。今までEDSFairに参加登録してたけど今年はET。ETのカンファレンスを聴講したかったので…まぁ、しかし結局どちらの講演も聴くのでどっちだった良いのですが。しかし、入社以来毎年行ってるEDSFairですが、どんどん小さくなってて寂しいばかり。今年は場所が中心部に移動していたとはいえ、ほとんどステージしかないような感じでした。今年で最後とか。うーん、寂しいものです。自分もEDAから離れてしまってるので何ともですが…。

夜は池袋へ。思えば昨年のEDSFair後も演奏会だったのでした。

  • アンドリス・ネルソンス&バーミンガム市交響楽団 19:00play@サントリー
    • ワーグナー:歌劇「ローエングリン」から第1幕への前奏曲
    • シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47 (Vn. ヒラリー・ハーン)
      [encore] J.S.バッハ:無伴奏パルティータ第2番BWV1004からIIIサラバンド
    • チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64
      [encore] エルガー:朝のうた

ヒラリー・ハーンさんのVnが聴いてみたくてチケット買ったこの公演。どういうわけだかB席なんて購入してて(C,Dは売り切れてたんだろうか…?)、一番後ろとはいえ2階席ど真ん中というとても観やすい席で座ってびっくりしました。ただ、3階席被ってるので、これなら3階席の同じ場所の方が良いような気もしましたが。

曲は大好きなシベコン。ヒラリー・ハーンさんの演奏は本当に素晴らしかった…迫りくるクレッシェンド、震えるピアノ、綺麗な重音。泣きそうになりましたよ…。3楽章めっちゃ速いし…。今まで聴いた中でもベストのシベコンだったかもしれない。
もうこの曲だけで今日来たかいあったな、と満足してしまいました。

メインは昨日に続いてチャイ5。弦の厚みはなかなか。しかし昨日のソヒエフN響の方が良かったかな。今日も素敵な演奏ではありましたが、もう一声欲しいという感じでした。ダイナミクスとか、音圧とか。場所のせいもあったかもしれない。
しかしカーテンコール時のネルソンスさんのちょっとしたtalkやら、Vaトップの日本語披露など含め楽しめました。指揮者とオケ、すごい良い関係なんでしょうね。和んだ。

終演は21時半。そんな長く感じなかったのにいつの間にそんなに時間経ってたんだろう…。それだけ楽しんだってことですね。終演遅めでも池袋で家から近かったので助かりました。これがみなとみらいだったりしたら大変だものなぁ…横浜の演奏会から遠退いてしまうのも当然ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です