またブラ1

9月に1度聴いてるのに、今週だけで2度目のブラ1。ブラ1好きだけど選んでこういうことになったわけではなく、9月と今日は年間で買ったチケットなのでたまたまなのです…。でもブラ1大好きなことを再認識できたので、まぁ結果的には良かった。

本日は日本フィルの定期公演。

  • 小林研一郎&日本フィルハーモニー交響楽団 19:00play@サントリー
    • ブラームス:交響曲第3番
    • ブラームス:交響曲第1番

なんだか管楽器(Ob1st, Hr以外)が結構残念な感じで、ここぞというところで音程悪かったり、音当たらなかったり…何があった?という感じでした。ブラームスならではの弦の厚みは素晴らしかった(特に1番)ので、それを一所懸命聴いてました。
というわけでテンション上がりつつも上がりきらないままフィナーレを迎えようとしてたのですが、ラストが本当に素晴らしく、もう全ての小言は吹っ飛びました。久し振りに泣きそうになってしまった。やっぱりブラームス1番は大好きです、ほんと。

コバケンさん、指揮振った後の「この音楽が好きでたまらない。いくら感謝しても感謝したりない」という気持ちが溢れ出る様子が好きです。熱い熱いブラームスでした。年末のベートーヴェン・フルマラソン楽しみだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です