あっという間に

「走る」ための食べ方: マラソン快走のための実践栄養学もう金曜日…って、先週の金曜日も全く同じこと思ったのでした。ときが早く過ぎるというのは恐しい。何も成長しないままどんどん歳を取ってってしまうのではないかという恐怖。そういえばあと半年で20代が終わる。

読み終えたのは一昨日だったのですが、一昨日はもう1冊読み終えていたので。
つい先日もランニング関係の本読んで、またこんな本読んだのか、そんなに走るの好きなのか、って感じですが。まぁ、図書館で見掛けるとついつい借りてしまうのです。食に関する本は以前「基礎から学ぶ!スポーツ栄養学」という本を読みましたが、今回読んだこっちの本の方がより実践的でわかりやすかったです。「基礎から学ぶ〜」はかなり詳細に書いてあるので栄養学の勉強にはなるのですが、じゃあ、具体的に普段どうしたら?と考えると、いまいちピンと来なかったのです。
今回この本を読んで思ったのは、カルシウム、蛋白質、鉄分をもっと意識して摂った方が良いかなということ。ちゃんと日常的に牛乳飲もうかな、低脂肪のを。プロテインも試してみようかなぁ、とか。かなり具体的に「こういうタイミングで、こういう目的で、こういう食べ物を」と書いてあって、根拠も書いてあって、とってもわかりやすかったです。ザバスの人が書いた本だけど、ザバスの宣伝本というわけでもなく。図書館で借りた本ですが、この本は買って家に置いておいても良いかもしれません。と言っても、現時点で注意した方が良さそうなことは書き留めてるので、しばらくは買わないでしょうけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です