メイヤーゲット

いつか取れるかなと思ってはいましたが、サントリーホールのメイヤーをget。あ、Fouresquareの話。というわけで、先週に引き続き、今週もサントリーホールへ。

  • ミヒャエル・ザンデルリンク&ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団 19:00play@サントリー
    • ベートーヴェン:交響曲第7番
    • ブラームス:交響曲第1番
      encore:ハンガリー舞曲第5番

正直なんでこのチケット買ったのかよく覚えてないのですが…プログラムに魅かれたのかなぁ。なんでデュトワ買わなかったんだろう…まぁいいですけど。
ドイツのオケらしい重厚な演奏を期待したのですが、何とも派手な演奏でした。特にブラームス。でもこの弦の厚さ、木管の音色(メインのメンバー)、きっと指揮者が違うとドイツのオケらしい?演奏になるんじゃないかなぁという気がしました。満足半分、不満半分、という感じでした。
ベートーヴェンもブラームスも3楽章〜4楽章半ばは良かったです。あ、ブラームスは2楽章も良かった。どうも最後の盛り上げ方が好みでなく、妙に興醒めしてしまったのでした。でもブラームスの4楽章のフルートソロ〜弦tutti〜木管ソリ、アンコール、は良かったので、何となく満足気分で帰れました。ので良いか。

前後半で、コンマスとサイドが入れ替わってたり、木管前列が総入れ替えだったり、弦の配置変わってたり(これはよくあるか)、2nd Clのベルが茶色かったり、色々面白かったです。あと、どちらの曲も終わったときの歓声が凄かった…。先週のチョン・ミョンフンのマラ5を聴いた後だし、そもそも演奏もさほど満足できなかったので、周囲との温度差に戸惑うばかりでした。まぁ、そんな日もある。よくあることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です