看守眼 (新潮文庫)読み終えたの昨日なんですが、書き忘れてました。横山さんがやっぱり一番好きな作家さんかも、と読み終える度に思います。が、森博嗣さんも、宮部みゆきさんも、好き。一番を決める必要は全くない(と思ってる)ので良いのですけど。これまた毎度書いてますが、横山さんの短編の最後にほろり、しんみり、くる感じがたまらなく好きです。この短編集ラストのお話(「秘書課の男」)はタイトルからも思いもしなかったけど、最後の辺りでほろりと泣きそうになってしまいました。
「口癖」なんて後味悪そうなストーリィなのに何故かそうならない不思議。さすが。

さて、今日の話も少し。
2人共帰りが遅いのと、週末なのと、で(という理由だったかしら?)、西武池袋本店にある回転寿司「活 美登利」へ。金曜日ということもあって20時半過ぎなのにすごい列。1時間以上並んでやっと入れました。22時L.O.なので、それなりに食べれるぎりぎりの時間でしょうか。ゆっくりはできなかったけど、今日も美味しかった。時間が遅くてお腹空き終わっていたので、行列はさほど苦ではありませんでした。実は。

さて今週末は楽器三昧です。楽しい週末になりそう。