被害拡大

水害は拡大するばかり。今日は夫が先に帰ったのですが、なんとまさに天井から水が落ちてくるその瞬間に立ち合ったようで。出張帰りで疲れた身には大層ハードな状況だったことでしょう…。今回はなんと寝室。不幸中の幸いでギリギリ布団にはあまり被害がなかったよう。しかし今日の午前中で工事は終わらなかったということかしら? あぁ、いつになったら安心して家に帰れるようになるのだろうか。

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))さて、それはさておき、昨日読み終えた本。この前まで読んでいた「アドルフに告ぐ」に続いてこれも夫の本棚から拝借した本。本買わなくても読んでない本がまだ家にあることに気付いたのです。でも夫は小説はあまり持ってないようで、早くもネタ切れになりそうです。次は図書館でも行くかぁ。
実はSFって映画はよく観るけど、小説はあまり読んでませんでした。クラークは読むのは初めてですが、「2001年宇宙の旅」は観ました。
終盤に差し掛かるあたりまでは、先が気になってどんどん読んで、いよいよ全てが明らかに!てところで、かなり哲学チックに。いや、これはこれで面白いんですが、そこまで割とお手軽に読める感じだったのに、急に哲学的になってきたので置いてかれ気味でした…。そういえば2001年もそんな感じでしたね。もう少し噛み砕いて、もっと自分で考えながら読んだら更に楽しめたかもしれません。読み返したりはしないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です