カルミナ・ブラーナ本番

みなとみらいホールにてカルミナ・ブラーナの本番でした。昼公演なので午前中いっぱいリハーサル。本番に向けて水木金と楽器ちゃんと吹いて、調子も割と上向きだったのですが、朝だからか全然思うように吹けない。焦りがあったのか、ソロは今までしなかったような間違いをしてしまって(調号間違え)。どうしようどうしようと思う気持ちと「本番は大丈夫」という根拠の無い自信とが入り交じったままリハ終了。さくっとSUBWAYへお昼ご飯買いに行って、楽屋で食べて、気を取り直してもう1度楽器を吹く…と、なんか急に綺麗に音が鳴るようになりました。不思議。

というわけで、本番は上々の出来でした。
数あるソロは緊張しまくって、特に9曲目の緊張しっぷりは過去最高でした…。ソロ吹く直前や吹いてる最中でなく、実は吹いた直後が一番心拍数高いのです。しかし9曲目はソロが2回あるので、1回目のソロ無事終了→超心臓ばくばく→おさまらないまま2回目のソロ突入、だったので、もうほんとしんどかったです。ソロが何度もあるというのは良くない。
しかしながらソロはどれも上出来と言える出来で、ブランク明け最初のオケ本番としては素晴しいスタートを切れたのではないかと思います。復帰戦にしては荷の重過ぎる曲でしたが、1st吹かせてもらって本当に良かった。感謝感謝。

ソリストの歌声に魅せられ、合唱も素晴しく、本当に良い本番でした。楽しかった。やっぱりオケは楽しいです。ホールで吹くのも好き。
来年も是非乗りたいと思っていますが、フルート2管だそうで乗れるか不明。どうなるやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です