ランキングから

ヒトリシズカ (双葉文庫)先週の木曜日、読む本がなくなって、飲み会前に時間があったのでふらっと本屋へ。いつもなら(無難に)知ってる作家さんの本を買うのですが、たまには違う作家さんの本も読んでみようと売れ筋ランキング的な棚から適当に面白そうなのを手に取ってみました。「1章ごとに急転する、まさかの展開の連続!」なんて帯にあったのに魅かれたのでした。それがこの本。

章毎に語り手が変わる形式のお話は結構好きです。そして警察小説も好き(ほとんど横山秀夫さんしか読んだことないけど)。シズカさんという女性を巡るお話ですが、このシズカさん、白夜行の雪穂、幻夜の美冬を連想させる。読んだら止まらないっぷりは東野さんに軍配が上がるけど、この本の引き込まれ具合もなかなか。そして小金井やら吉祥寺やら馴染ある地名が沢山出てくるのが地味にテンション上がりました。いろいろ想像しながら読んじゃいます。
シズカさんの描写が少な過ぎるというレビューがamazonには多いですが、これはこれで良いなじゃないかと思います。これくらいで良くない? 色々と読後に想像するのも良い。
誉田哲也さんは失礼ながら名前も知りませんでしたが、今後もまた読んでみようかと思ってます。こうやって読む作家さん増やしてきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です