歌劇の曲

日中は荷解き。夕方からは演奏会へ。

  • OSUMI&PRODUCE オペラ合唱団 お披露目演奏会 18:00 play@かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール

    • ドニゼッティ:歌劇「愛の妙薬」より 幕開けの合唱
    • ドニゼッティ:歌劇「愛の妙薬」より ネモリーノのカヴァティーナ (Tenor 後藤将文)
    • ビゼー:歌劇「カルメン」より ハバネラ (Mezzo Soprano 新宮由里)
    • ヴェルディ:歌劇「マクベス」より 天から影が落ちて (Bariton 金沢平)
    • マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より 馬は勇んで (Bariton 小林昭裕
    • ヴェルディ:歌劇「リゴレット」より 嵐の三重唱 (大隅、新宮、金沢)
    • プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」より 誰も寝てはならぬ (Tenor 内山信吾)
    • ヴェルディ:歌劇「椿姫」より 第一幕 演出付ステージ
      • ヴィオレッタ:大隅智香子
      • アルフレード:内山信吾
      • 指揮:沖田淳也
      • 演出:新海康仁

言うまでもなく大隅さんのヴィオレッタを聴きたかったわけで。なんとチケットは完売とのこと。大隅さんの歌声は期待通りで素敵な夜を過ごしました。他のソリストと比べて飛び抜けて良かったです。椿姫の最後のアリアが特に素晴らしかったです。(>_<)
しかしながら粗筋を知ってても、オペラを字幕無しで見るのは結構ツラいですね。何年か前にミラノでオペラ観て以来の経験でした。ストーリ性あって演出もあるのに何を歌っているかわからないのは中々のストレス。なんかちゃんとオペラ観に行きたくなってしまった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です