デビュー戦

そろそろ配属して10ヶ月。プレゼン発表デビューです。会社でプレゼンは以前にもやってますが博士論文の内容で、聴衆はそのときのが多かったのですが。会社でやった仕事を発表するのは初めてでしたし、出張して社外(グループ会社なので社内みたいなものだけど)向けに発表するのも初。そういう意味でデビュー戦。

内容は測定結果の報告。プレゼン自体は何ということはなく終了。質問は沢山受けましたが、私が全てを設計したわけでは全く無いので答えられないものも多く。複数でやっている研究を発表するのは大変だなと思うと共に、自分がいかに全体を把握していないかを思い知る良い機会でした。
機会という意味では自分が取り組んでいる仕事の結果を心待ちにしている人たちがいるというのを実感した良い機会でした。もちろん話としては「○○事業部で開発している××で」なんて話は聞いてましたが、やっぱり顔を見ると違うし、質問や要望を直接聞くと更に違う。

プレゼンは不得意なので、学会でも何でもプレゼン前はいつもド緊張でもう帰りたいくらいなんですが、やった後はモチベーションがとっても上がって「やって良かった」と思う。どんな発表も自分の仕事に興味をもってもらえるというのは有り難いことだし、「この方向でいいんだ」と自信になります。
明日からも仕事頑張ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です