退社後フルート

最近残業続きだったので久し振り。-明日ちょっとしたプレゼン発表があり、今日も遅くなる覚悟だったのですが、思いの外早く帰れまして。(平日では)久し振りに楽器を吹くに至ったわけです。
ただお腹が空いて力が出ない状態だったのでぱぱっと夕飯作って食べてから。帰って夕飯用意して食べて片付けるまで30分です。ゴハンは後にした方が楽器吹く時間は沢山取れるのですが、仕事終わってへろへろなのに、ゴハン食べずに楽器吹くと1時間も持たないんです。それなら30分犠牲にして元気になってから楽器吹いた方が良い。と最近気付きました。でもそれやるなら19時半には帰りたいですね。楽器吹けるの21時からだから。

最近の入浴の共は「クレィドゥ・ザ・スカイ—Cradle the Sky」です。大好きなスカイ・クロラシリーズの中でも一番好きな巻です。つい引用したくなっちゃいます。

ただ、僕には、戦いが無駄かどうかなど、関係がない。
無駄でも、無駄でなくても、戦いの価値は変わらない。

この大分前のページに「奪わなくても良い。だからこそ、純粋に戦えるのでは?」というセリフも出てきます。

いや、研究においてしばしば、手段の検討が楽しくなってしまって手段が目的になりがちな私にとってこの言葉はとても心地良かったのです。「○○に役立つから勉強する」とか「○○に役立つから研究する」とかそういう発想がない。ただそれ自体が楽しいから勉強するし、研究するし。音楽だって単にそれ私が自体が楽しくて。

なんて書くと聞こえは良いけど、仕事での研究においては特に目的は忘れちゃいかんのですよね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です