銚子日帰り旅行

朝6時半前に家を出て、7:45東京駅八重洲口発の高速バスに乗車。行き先は銚子です。銚子に着いたのは10時頃。論文修正を少しでもやろうと4時半に起きたりして睡眠不足に拍車がかかり、バスではぐっすり…と思いきや1時間ほどしか寝てません。

P2120495銚子駅近くの自転車屋さんで自転車を借り(735円/日)、まずは銚子ポートタワーへ。天気が良い日に海(川)沿いを自転車で走るのは最高に気持ち良い…がとにかく寒い。そして久し振りのシティサイクルは違和感ありまくりです。シティサイクルって疲れますね。同じスピードで走るのに凄い力がいるんだもの。
銚子ポートタワーからはかもめがいっぱい見えました。海の深い青が素敵でした。海と空を堪能した後は市場をふらふら。特に何も買ってないのですが、美味しそうな魚がお買い得で買って帰りたくなりました。1日持って歩くわけにもいかないし、1人で食べ切れる量で売ってないので買いませんでしたが。

2012-02-12 12.15.05実は今回の銚子行きの目的に8割はお昼ご飯。久六で金目鯛御膳を食す。
11時半開店なので開店直後を狙って11:40頃着いたら今日は11:50開店とか。でもお店の前で待ってたら入れてもらえました。ありがとうございます。
まぐろにもちょっぴり魅かれましたが、ここは初志貫徹で金目鯛です。刺身も天麩羅も漬けも何もかも美味しかったです。幸せ。(>_<)♪ たらふく食べた後は自転車を返し、銚子電鉄に乗って君ヶ浜へ。目的地はその一駅先の犬吠崎でしたが、浜をぶらぶら散歩しようという作戦。
冬の海はとっても寒いけど、人が少ないのはgoodですね。海の青と空の青が綺麗だった。ほんと晴れて良かったです。犬吠埼では灯台に上るわけでもなく、周辺を散歩したり、磯で生物をぼーっと観察したり。

P2120550夜まで若干時間を持て余し気味だったので、ちょっと頑張って「地球の丸く見える丘展望館」まで歩きました。山の上だし結構歩きましたね。でも沢山食べたので良い運動です。全然相殺できませんけど。
屋上からの眺めがとっても良くて、天気良いし日の入りまでいようかしら?なんて思わず思ってしまったけど、でも後の予定が遅くなってしまうし、日の入りまで1時間も時間潰す自信はなかったので諦めました。
屋上ではど真ん中に立って声を出すと声が反響して超楽しかったです。素晴しい景色と同じくらい楽しんじゃいました。中心から離れると響かなくなるんです。少し離れた位置だと向きによって響いたり響かなかったり。いやー、これはほんと面白かった。中々文章では伝えられないんですけど。

バスで銚子駅まで戻り、夕飯は鈴女という居酒屋さんで(昼もやってるみたい)。
海の幸をこれでもかというくらい楽しみました。お酒が進む進む。刺身がでかい。他の料理も量が多い。蟹サラダには本物のカニ (not かにかま) が入ってる。などなど料理出る度に感激です。しかも単価が安いのなんの。こんなに食べて飲んで1人5000円とは!安。交通費かかってるとはいえ、これは絶対また来たい。

たっぷり堪能して帰りは21:40(だったかな?)銚子駅前発のバスに乗ってぐっすり。東京に着いたのが23時頃。いやー、堪能しました。片道5000円2時間半でこんなに楽しめるなんて。また日帰り銚子旅行したいなぁ。何度も行くなら尚更日帰りくらいがちょうど良いかなぁという感じです。

最後にアルバムへのリンクはっときます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です