午前中はバッハ吹いて遊んでました。遅めの昼御飯の後渋谷へ。細々と買い物を済ませ、夕方から演奏会です。

  • シャルル・デュトワ&NHK交響楽団 18:00play@NHKホール
    • マーラー:交響曲第8番変ホ長調
      • ソプラノ:エリン・ウォール、中嶋彰子、天羽明惠
      • アルト:イヴォンヌ・ナエフ、スザンネ・シェーファー
      • テノール:ジョン・ヴィラーズ
      • バリトン:青山 貴
      • バス:ジョナサン・レマル
      • 合唱:東京混声合唱団
      • 児童合唱:NHK東京児童合唱団

このチケット、当然発売日に買ったわけですが。なかなかN響ガイドに電話が繋がらないので、eplusで自由席確保してたんです。で、結局無事電話繋がって所望の席はとれたので自由席が1枚余る、と。で、前々からクラシックの演奏会行きたいと言っていた友人を誘ってきました。いきなりマーラーのしかも8番てどうなの?と思ったのですが、本人が行ってみたいと言うので連れてってみました。いやぁ、こういうのはちょっとどきどきです。極端な話、最初っからこんな大曲聴いてクラシック嫌いになったらどうしようなんて思って。
まぁ結果的にはとっても楽しんでもらえたようで何よりです。

さてさて自分の感想ですが。
冒頭でオケが入った瞬間のばらばらさに、この先80分どうなるの?と心配しました。合唱とソリストは良かったんだけど、オケ頑張れ!特にトランペット!と終始思ってました…。合唱と比べてオケが完全に音量足らないですねぇ…NHKホールでっかいからなぁ。人数いても音がまとまらずにばらけちゃうのかなぁ。数年前のインバル&都響のマラ8のが数段良かったかも。
などと思ってしまったのでした。でもマラ8はやはり生がいいですねぇ。あの人いっぱいのステージ観るだけでテンション上がりますね。ハープ4台とかね。
バンダが2階席右最後列の後ろで吹いてました。あぁ、あすこの席にすれば良かった…。

終演後は横浜へ移動し、飲み会に合流。このメンバー飲む人多いんで(とヒトのせいにしてみる)、ついついいっぱい飲んでしまう。でも楽しくって好きです。ひさびさに鍛高譚飲みました。昔はこの癖のある味が大好きでしたが、今はそうでもない。もちろん嫌いではないけれど、たまにでいいやって感じです。好みって変わるものなんだなぁ。