最近ベートーヴェン (というか英雄) にはまりまくりな中、オール・ベートーヴェンな演奏会へ。

  • マレク・ヤノフスキ &ベルリン放送交響楽団 14:00 play@みなとみらい
    • ベートーヴェン:「エグモント」序曲
    • ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」 (pf. 河村尚子)
    • ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

英雄なんかスコア借りて見て、自分で欲しくなって購入にまで至ってますからね! ここ2週間くらいで何度聴いたやら…そんな中で生演奏に行けるとは。
あんまり気に入った演奏を聴き過ぎるとコンサートでがっかりなんてことになりかねませんが、今回はそんなこともなく。木管フル倍管にはびっくりしましたが、これが良かった。ダイナミクスの幅が圧倒的に広くなる倍管は表現方法のひとつとしてありなのかもしれない…と今日初めて肯定派になりました。ピッチが合わなくなるのは考えものですが、効果的に使えば素晴しい演奏に繋がりますね。
英雄は旋律が次から次に流れ出てくるような曲ですが、その繋ぎがうまくて、もう流れるような演奏にひたすら聴き惚れました。
大満足。
アンコールに交響曲第8番2楽章。これも良かった。

大満足の演奏会の後は、銀座へ足をのばす。山野楽器で少々フルートを試奏。どんなものかと見てみようと思って。むかしも何度も試奏したものでしたが、確か当時はミヤザワが気に入って、ムラマツはあんまり…という感じでした。今日の乾燥は、ムラマツ断トツ。時点でミヤザワ、アルタス、という感じ。サンキョウは明る過ぎて気持ち悪い。割と落ち着いた音が好きみたい。あとはっきりしたのが好きですね。だから金はオススメしないとのこと。銀の純度が高いと落ち着いた音になるので好みかも、だって。なるほど、また今度行ってみよう。それでもムラマツだったら、ムラマツフルートで買おうかな。ムラマツ買うならムラマツで買うのが良いもの。