公聴会

もちろん自分のではなく先輩方の,です.今まで博士論文を書く先輩というのを目の当たりにしたことがなく,大変さがひしひしと伝わりました.発表1時間はどうってことないだろうと思われますが,論文とかその概要とか.1年後に自分がこれをやらないといけないのか…と思うと でも終了後に経験者2名から色々とアドバイスいただけてそれは良かった.どうD論をまとめるかそろそろしっかり考えないといけません.行き当たりばったりで好きなことだけやっていては,まとめられない.

そしてそのまま京都の自宅へ戻って参りました.今回の帰省は過去最大の羽ののばしっぷりでした.連日飲んで,連日寝坊.実家でも研究も仕事もできるのですが,全くと言って良い程進まず.「こんな一週間はもうないのではなかろうか」というくらい遊んだし,のんびりしましたが,高校の友達に沢山会って刺激も沢山受けました.研究は進まなかったけど有意義な一週間だった.
しかし今日は聴講して移動しただけなのに帰ってくたくた.東京→京都の移動はもう何度もやってるのにそれでも疲れます.京都→東京はそうでもないのが不思議.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です