寝不足

昨晩寝る直前にふと昔のメッセのログを発見.読み出したら止まらなくなり…気付けば3時半.そもそも寝ようと思ったのも1時半と遅かったのに.悪いことに今朝は9時から打合せ.いつもなら何てことない時間ですが,さすがに今日はツラかった.しかし3時半に寝たのにも関わらず,7時前に目が覚めるとは.目覚まし鳴る直前でした.我ながら素晴らしい.

昔の記録というのは面白いもんで,だからなんでもログとっとくのですが.何年も前のメッセのログもどこかに残ってるはず….そして「昔の記録」の典型は正にこの日記.あとから見ると本当に面白い.ただ公開している都合上個人名は伏せており,それ故「これ誰のことだろう?」と思うこともあったり.「昔の記録」として他に写真なんかもありますね.
過去の思い出を振り返るというのはなんでこんなに面白いのだろう.現在との対比が面白いのかな.「変わったな」と思うのも「変わってないな」と思うのもどっちも面白い.

昔といえば先日等比数列の和の話になって,小学生のときを思い出した.「曽呂利新左衛門が秀吉に倍々に増える米粒を要求した」という話が算数の教科書に載ってて.電卓で計算してみましょうという頁があった.まぁ,

1 2 3 4
個数 1 2 4 8
合計 1 3 7 15

こんな感じ.親にメモリ機能を教えてもらい,「×2」「M+」を繰替えして記入.そんで「次の升目に入る米粒の数-1がその升目までの米粒の合計」と途中で気付き,大層感動しました.感動というよりは「不思議に感じた」というのが近いかな.
↑の桁数くらいだと特に何も思わないけど,7桁とかで気付くとかなり感動です.

21 22 23
個数 1048576 2097152 4194304
合計 2097151 4194303 8388607

「あれ?数字似てない?」て思ったの.こういう経験があったから数学に魅せられ,興味をもったんだな,と急に思い出した.
等比数列の和から考えれば「2^n-1」が一瞬で出てしまって,何の面白味もない.しかもそれを知ってしまうと電卓叩いて確認しようなんて思わない(ことがほとんど).知らないときだからこそできた経験でした.

こういうのが教科書に沢山入ってるといいのに.
入ってても授業で触れなかったら意味ないけど.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です