四つ足

Yevgeny Mravinsky in Moscow [Hybrid SACD]くま君ペンギン君に引き続いてぶた君のあみぐるみ製作中なのですが,足がなかなかうまくつけられません.四つ足って難しいなぁ 平面って3点で決まると決まっちゃうからね.うまくしないと1本足が浮く….編むのなんかより,足つけるところが一番大変なんじゃないかって気がします.目も苦戦しそうだなぁ.

週末に買ったもう1枚です.ムラヴィンスキーのチャイコフスキー4番.店員さんのCD紹介にまんまとハマって買ってしまう人です.「4楽章は期待通り!」なんて書いてあったら買っちゃいますよ.チャイコフスキーの交響曲は4番が一番好き.恐怖を感じるほどの厳格さ,激しさが大好きです,ムラヴィンスキー.タイプが違うとは言え,好きな指揮者はロシアの人が多い.他にプレトニョフ,スヴェトラノフ.ロシアじゃない指揮者でも好きな人は沢山いますが (マリス・ヤンソンスとか,パーヴォ・ヤルヴィとか…).
話は4番に戻りますが,気付けばこの曲も何枚も持ってて(4枚?),でもどれが一番好きだろう? 今度聴き比べ大会しようかしら.でも4楽章はやっぱスヴェトラノフかなという気がします(リンクは3,4楽章).あぁ,生で聴きたかったよ,これ.号泣確実.

夜寝る前にスカイ・イクリプスを読んでる.昨日読んだとこより.

「では、どう思いましたか?私があなたを見つけて、救出できたことを」
「助かったと思いました。感謝しています」
「何故ですか?」
「何故?」
「生き延びられたから?」
「もう一度、飛べるからです」

なんて純粋なんだろう,彼らは.
生きるために飛ぶのか.飛ぶために生きるのか.
限りなく近い.飛べなくなったときにどうするか? という点でのみ異なるんだろう.飛べなくなったときに,生きるために必要な何か他のものを探すか,生きる意味をなくすか.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です