歩き慣れた場所

墜ちていく僕たち (集英社文庫)やっぱり四条よりも渋谷の方が歩きやすい.「四条は面積に対して人が多過ぎるから歩きにくい」などと言ってましたが,たぶんそれよりも「どこに何があるかわかってる」というのが歩きやすい理由だろう.と思いました.まぁそれよりなによりタワレコがあることが重要.

ヤルヴィの田園の輸入盤プレトニョフとアルゲリッチのピアノ・デュオ,と珍しくも買いたいCDを決めてたのですが,ヤルヴィはまだ出てないようでした.残念.代わりにムラヴィンスキーを1枚.詳細は聴いたときにまた.

昨日はもう一冊読み終えたのでした.この本は amazon の評価をみる限り好き嫌い分かれるようですが,私は好きです.

性差を超えるファンタスティック・ミステリ。
男が女に、女が男に? 神出鬼没の摩訶不思議なインスタント・ラーメンが巻き起こす
ミステリアスな5つの物語。固定観念を捨て、性差の呪縛を超えて、新しい世界へようこそ。

という紹介文だけでも確かにこれは好き嫌いわかれるかもという気はする.5つの物語がゆるーく繋がってるのがイイです.「男性から堕ちて女性に」というような表現はちょっと受け入れ難いけど「生きてるだけで楽しい」みたいのって女性特有なんでしょうか.表題作の後半部の主人公の心境は色々と共感するところがありました.
これはミステリなのかな?「新しい世界へようこそ」は「森ワールドへようこそ」に読みかえられるかも.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です