ぐったり

時間封鎖〈下〉 (創元SF文庫)あとちょっとだから…と昨晩帰って本を読んでたら,そのまま眠ってしまいました.気付けば深夜2時.そこで布団に入って寝れば良いのに,凝りずにまた読み始め,また寝てしまい.次に気付いたのは4時半だったか.そこでやっと布団に入って寝ました.ちゃんと布団で寝なかったせいで,睡眠時間の割に全く疲れが取れず,そっからぐだぐだ8時半過ぎまで寝てしまいました.午後くらいまで体調悪いまま.寝るときはちゃんと寝ないと駄目だなぁ,ほんと.

そんなこんなで一冊読了です.上下巻構成の長い物語.かなり楽しく読んでいたのですが,下巻終盤になって「これはちゃんと終わるのか?」と心配に.現在の話と主人公による回想録が交互に書かれているのですが,回想録の方がなかなか現在に追い付かない.状況を説明し終わらない.↑のような読み方だったのでちゃんと読みきれてないのかもしれませんが,それにしてもこの真相はないだろう! かなり微妙な種明かしでした.あんまり書くとネタバレてしまうので書きませんが….納得いかない.まぁアリかどうかは人によりけりか.SFだしねぇ.
しかしamazonでの上巻の評価と下巻の評価の違いをみると,こう思ったのは私だけではないのかしら.(そもそも下巻は評価人数が少ないんだけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です