アンサンブル

サークル現役時代はフルートのレッスンについていたのですが,引退とほぼ同時に通わなくなってしまいました.なので,毎年4月にあるおさらい会 (発表会) もずっと出てません.が,今回3回振りに出ることになりました.
先月オーケストラの本番がありましたが,それで「やっぱり楽器って楽しい.もう少しやりたいな」と思った矢先,先生から「アンサンブルやりませんか」とお誘い.すごい良いタイミングでした.今日初めて練習に参加.フルート7本でドビュッシーの小組曲から2曲,10本(たぶん)でロンド.ロンドは誰の曲かよくわかりません.フルートは普通のだけじゃなくて,アルト,バス,コントラバスも入ってます.やっぱり楽しい.
ただ,今日は初見でいっぱいいっぱいでしたが 次回までに練習しないと….
帰りは先生に駅まで送っていただき感謝.その間久し振りにお話できたのも良かったです.

しかしあれですね.楽器の音色って奏者の状態 (性格や感情,体調) がすごく表れてしまう.「元気ない音してる」と言われてしまいました.単に久々で鳴らせなかったとかもあると思うけど.最近の日記でお解りかもしれませんが,最近は基本的にあまり調子良くないです,精神的にも身体的にも.言われると自覚しちゃって尚更元気なくなったりします.こういうときは音楽聴くに限る.マーラー5番マーラー3番ヴェルディのレクイエム,あたりに癒されました.無条件に泣ける曲たちです.おかげで大分元気になった.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です