おひとりさまの老後一月半振りくらいに実家に帰ってきました.実家だと湯船につかれるのが幸せ.いや,湯船につかりたくてバス・トイレ別の住まいにしたんで,家でもお湯張ればいいんですがね…これがなかなか.半年住んでるのに1度しかお湯張ってません.帰る度に「週1回くらいはお湯はろうかな」と思うのですがなかなかやりませんね.

妹のベッドに放置されていたので読んでみました.3分の2くらいしか読んでませんが.独り旅好きからもわかるように,割と独りで気ままに生きるのが好きなので,結婚しないのもありだなぁと思うものの「きっと老後が寂しかろう」と思うと,やっぱり結婚したいかも…という結論になる(相手がいるかどうかはさておき).でもこの本読んだらなんか気が変わってきた.そうだよね,例え結婚してもその後独りになる可能性は高い.生涯独身もいいかもなぁと思ったのでした.
でも子供欲しいけどね,やっぱり.
結局のところ,「結婚したいと思える相手ができたら結婚する」というスタンスは変わらない.