誰か

誰か ----Somebody読み終えたの昨日ですが…まぁ気にしない.
宮部みゆき作品は好きなのですがなかなか読まない.この本の続編「名もなき毒」は昔東京新聞で連載してまして,ちょくちょく読んでました.なので前々から読もうと思っていたのですがやっと.と言っても元々連載はあんまりちゃんと読んでなかったし(すぐ読み忘れてしまっていた),読んでたのも結構前なので「今多コンツェルンが出てくる」というのしか覚えてなかったりするのですが….
神経質な聡美はいかにも長女体質で,最初親近感湧きましたが,最後はついてけませんでした.そりゃないよって.主人公の杉村氏はとても損な役回りというか.ほとんど何も悪いことはしてないのに結婚相手がお嬢様だったばかりに嫌な思いを沢山していて同情してしまった.でもそのお嬢様は素敵な奥さんで「これならいいか」という気もした.

先日実家に帰ったときに親から借りた本を全て読み終えてしまいました.本借りに帰らなきゃ.でもしばらくちょっと帰る余裕がない…困ったな…と思ったら,実は2冊借りたまま未読になってる本があることに気付く.良かった.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です