感涙

待ちに待った千人の交響曲.

  • 東京都交響楽団/インバル@東京文化会館 19:00 play
    • マーラー:交響曲第8番〈千人の交響曲〉
      • ソプラノ:澤畑恵美,大倉由紀枝,半田美和子
      • メゾソプラノ:竹本節子,手嶋眞佐子
      • テノール:福井敬
      • バリトン:河野克典
      • バス:成田眞
      • 合唱:晋友会合唱団
      • 児童合唱:NHK東京児童合唱団

涙を流して泣いてしまったのはいつ振りだろう.
昨年11月のヤンソンスのマーラー5番以来.またマーラー….でも過去行ったどの演奏会よりも感動したかもしれない.いや,過去の感動と比較するのは無理ですが,でもここまで泣いたことはないかも.

あのテノールのソロを聴いて泣かないはずがない.聴きに行く前から「これは泣くかも」と思ってはいたのですが案の定.思わす涙が溢れました.あと,2部終盤の客席でのソプラノ独唱がホールいっぱいに響いていて美しかった.
強いて言うなら,ステージの女声ソロの音量が少々物足りなかったのと,序盤の少々不安定だったのが気にならなくもなかったです.あとオルガン…サントリーで聴きたかったですね.サントリーは売り切れてたから仕方ないけど.

先週素晴しい11番を聴いて,今日もまたこのような素晴しい演奏を聴けるとは.こんな贅沢はない.まさしく Golden Week.
帰りは研究室に寄って,呑み会に途中参加.楽しかった.
というわけで,今年のGWは本日で終了.早い? でももう十分楽しみました.だからいいのです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です