演奏会

今年は11番当たり年.4月にして3度目の生11番.

  • 新日本フィル/ニコライ・アレクセーエフ@サントリー 19:15play
    • シチェドリン:ショスタコーヴィチとの対話op.113 (2001) (日本初演)
    • チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲イ長調op.33 (原典版)
      • Vc: アルバン・ゲルハルト
      • encore: ロストロポーヴィチ「モデラート」
    • ショスタコーヴィチ:交響曲第11番ト短調『1905年』op.103

もう素晴しいの一言.しばらく11番聴けそうにありません,もったいなくて.11番生演奏は今回含め過去に6回行ってますが,今回が一番かな (2年半前の都響&インバルも相当良かったですが).
素晴しきピッコロ.これくらいピッコロが鳴ってないと!あとパーカスも,金管も.シチェドリン聴いてる段階から「今日は相当鳴ってるな,これはメインは期待できる」と楽しみにしたかいありました.
何度身体が震えたか.また寿命が縮んだかもしれません.

シチェドリン,日本初演だったのですね.最近の曲はあまり好きではありませんが,シチェドリンは割と受け入れられるようです.と言っても今日ので3曲目だけど,聴いたの.Program Note にも書いてありましたが,ショスタコ好きには思わずニヤリな箇所が沢山で楽しい.
チャイコフスキーもまた聴き惚れました.アンコールも◎.チェロってこんな音色も奏でられるのですね.素敵な演奏聴くと心臓がぎゅってなるんです.そうなるのが好き.

素晴しい時間を過ごせました.
こんなに素晴しい演奏会だったのにお客さんが少なくて残念.でもシチェドリンとショスタコーヴィチじゃしょうがないかな.

またもオケの3個下の後輩(Vc)に会いました.本当によく会います.趣味が合うようです.色んな情報を教えていただき,感謝感謝.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です