初吹き

女王の百年密室9月に練習行って以来ずーっとサボっていたのですが,本番3/1なのに2/7が修論発表という危機的状況に気付き,なんとか合間を縫って行って参りました.パート決めと楽譜受け取りができるのが今日しか無さそうだったので,ヴェルディの練習はお休みしてしまいました.たぶんヴェルディも修論終わるまで行けません.

先生の方針により,進学する私は修論短くて良いのですが,それは「これから大変だから今は楽して良いよ」という意味であるはずはなく,「それより投稿してね」てことだと思われます.なのでとりあえず投稿ラッシュがあって,その後修論…となると必然的に修論に割く時間は人より少なくなり,やっぱり皆と同じくらい大変になるんだと思う.

10日でやっと1冊.やっぱり森博嗣.最初は珍しいけどただのSF?と思ったのですが,当然そんなことはなく.最後の最後が一番面白かった.最後だけじゃなく,途中でも何度も,死について,価値観について,考えてしまう.興味深かった.
読者サービスというか,他のお話との繋りもしっかりあって,それもまた最高.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です