締切直前

論文にすると明らかになる問題の数々…。
式もグラフもキレイに出せるという理由から、最近研究用のメモはTeXでまとめています。なので、論文 (ではなく研究報告ですが、今書いてるのは) にするときはほとんどコピペで済んでイントロ以外はさくっと書き終えられるかなぁと思っていたのに、それがなかなか。先生もそう思っていたらしく「なんでこんなに時間がかかるの?」と不思議がられてしまいました (もっとやわらかい言い方でしたが)。
結局 TeX で書いてもメモにとどまっていて、曖昧なところが多いんですね。最初っから論文書くつもりくらいの気合で書かないと駄目なんだと思う。もちろんそれは負担になるけど、無駄にはならないはず。ちゃんと他人に説明するつもりでプロセスを書いていくと穴が分かってくるから。

計算ミスをいかになくすか。シミュレーション結果をいかに整理するか。研究のメモをどのように残すか。サボってるわけじゃなくても、こういうのをちゃんとしてないと進まないわけですね。
でも難しいなぁ。他の人たちはどうやってるんだろう。すごい気になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です