人間は考えるFになる – 土屋賢二,森博嗣

人間は考えるFになる

最近読んでないなぁと思ってたのですが,ふと家で目についたこの本をさっくり読んでみました.対談なんですぐ読み終えてしまった.森博嗣さんはものすごく好きな作家だし,土屋教授の書くエッセイも楽しくて好きです(と言っても本を読んだことはなく,雑誌に載ってるのを読む程度).
最後にそれぞれの書下し短編がついてるのですが,これも面白い.土屋教授のはほんとエッセイの様子そのまま.実話なんじゃないかと思う程です.しかし森博嗣さんのはさすがというか.やられましたね…かなり楽しめました.また森作品を読もうかなと思ったけど,この前「ダウン・ツ・ヘヴン」を読んだばかりだし.なんだか井上夢人を読みたくなりました.
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です