さんさんす

PANORAMA: saint-saens 先週末にあった今月のN響のAプロはサンサーンスの交響曲3番。久々に聴きたい!と思っていたのですが、輪講が終わりそうもないので断念。そういえばCDを持っていなかったので、代わりにこれ買って我慢することにしました。

オルガンはやっぱり良い。土曜に買ったのですが、聴いてたら「やっぱ明日行きたくなってきた…」と思わずにいられない。結局行かなかったけど。
PANORAMAシリーズはやっぱりコストパフォーマンス良いと思う。何気に「動物の謝肉祭」のpfはアルゲリッチだったりして。謝肉祭の”ピアニスト”は、わざと下手に弾けっつぅ指定があるらしいですが、過去聴いた中で一番のばらばらっぷりでした(笑)。弦が合わせづらそうにしてるのがすごい楽しい。
2枚目に入ってる「序奏とロンド・カプリチオーソ」って初めて聴いたのですが、泣きそうになるくらい良い曲ですね。Vnソロが美しい。素敵過ぎる。作品集を買うとこういう発見があって良いです。どっか演奏会でやらないかなぁ。これは生で是非聴きたいですね。
忘れちゃいけないのがバッカナール。こういう民族色濃い曲は大好きです。ob最高。実は高校2年の文化祭でやりました、ピッコロ(吹奏楽です)。フィナーレは何度聴いても鳥肌たつ。
あと、死の舞踏も好き…と書いてるとキリがないので、ここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です