Salt的 交響曲撰 後編

ってわけで、ラスト。後編です。
第7番:ブルックナー
1楽章のHr、泣けます。あの4音だけで泣ける。
生演奏聴いて泣きそうになったことは曲問わず数知れず…ですが、
涙を流して泣いたのはこの曲を聴いたときだけ。
ブルックナーは何となくとっつきにくいイメージあるけど(曲長いから?)、
7番の1楽章だけでもいいから、最初のHrソロだけでもいいから、ぜひ聴いてみて欲しい。
(なんて6番と7番しか知らない私の言えたセリフじゃないけど)
第8番:ドヴォルザーク
ドヴォルザークは作曲家自体好きですが、選べと言われたら、これとチェロコン。
英雄に次いで、いつかトップ吹きたい曲。No.2ですね。
4楽章のあのソロが吹きたいのでなく(むしろあれは吹きたくない)、
1楽章ソロとか、3楽章のスタッカートのメロディとかが吹きたい感じ。
コガネムシのくせにかっこいいのも良い。
第9番:ベートーヴェン「合唱付」
言わずもがな。ショスタコも捨て難いが、やっぱ第九ったらこれだよね。
4楽章のピッコロは生演奏聴くと100%ピッコロ吹きたくなる。
でもソリストたちの裏のフルートもかなりつぼ。3楽章よりこっちのが吹きたい。
♪れーどしどみふぁみみらそみれ… れーどしどみそふぁふぁ…
大学入ってからは毎年年末に聴きに行ってます。毎年違うオケ。今年はどうするかなぁ。
ってわけで、9曲選んでみましたが。これはかなり難しい。
マーラーをどっかに入れたかったのに、結局入れられず。これがちょっと悔しかったり。
たぶん、次点の曲たちで9曲も選べそう…てわけで選んでみます。

  • 第1番:マーラー「巨人」
  • 第2番:ラフマニノフ
  • 第3番;マーラー
  • 第4番:チャイコフスキー
  • 第5番:ベートーヴェン
  • 第6番:ブルックナー
  • 第7番:ショスタコーヴィチ
  • 第8番:ベートーヴェン
  • 第9番:ショスタコーヴィチ

ほら、いけた(笑)。5番はマーラーも捨て難いかなぁ。
なかなか面白いですよ。皆様もお試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です