2004/08/29(日)

久々の演奏会です。N響@NHKホールです。とあるルートから招待券が手に入ったので行って来ました。NHKホールでは初1階席です。

  • バッハ:トッカータとフーガ(ストコフスキー編)
  • エルガー:愛の挨拶
  • ホルスト:組曲「惑星」より木星
  • ビゼー:歌劇「カルメン」より前奏曲
  • チャイコフスキー:序曲「1812」

などなど。他にもあったけど、自分的にはどうでも良かったので(失礼)略。木星と1812が聴きたくて行ったのです。もちろん。1812の冒頭のソリ、泣けました。チェロの主旋の音色は良過ぎです。前どっかの1812を聴いたときはここまで感激しなかった気がするのですが、それは近さのせいなのか、さすがN響ということなのか。最近買ったCDはこれが合唱になってて、割と合唱派だったんですが、やっぱりVc&Vaのが良いかもと思ってきた。

その後ふらっと部室へ行って、ぱらぱらと笛を吹いてきました。昨日ほど悪くない。合宿中えらい調子が悪かったのはまさか高度のせいだろうか(笑)。

そろそろ年末の第九のチケット発売です。昨年は安さ重視で500円とかで聴きに行った気がしますが、今年は前プロで選ぼうと思います。ショスタコをやる都響はかなり有力ですが、ベートーベン全曲も捨て難い。昨年行きそびれたので。いっそ両方行くかなぁ。うーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です