4度目

聴きに行った回数が昨日3回目を向かえた革命を越すのが、新世界です。4回目。しかもここ約1ヶ月で。あほですねぇ。でも演奏楽団&指揮者によって音量バランスに個性があるので、そのたびに「ここのこの楽器実はすごい良い★」と新しい魅力を発見できて楽しい。良い曲です、ほんとに。(>_<) あ、今日は日フィル@サントリーです(N先生は乗ってませんでした、残念)。
 Dvorak:交響曲第9番「新世界より」
 Saint-Saens:交響曲第3番「オルガン付き」
 encore→ダニーボーイ、ハンガリー舞曲第5番
Flが好みでした。新世界はOb&Flのソリが多いのですが、どれも息ぴったりで素敵でした。あと個所によってFlの方が強かったり、Obのが強かったり。2楽章の6連符はpであることを思い出しました。(–;;
あとオルガン。生で聴いたのは初で、あまりたくさんは聴いてないのでちょっと未知の世界(?)。ピッコロこんなに目立ったっけ?とか思いつつ。割と好き。というか、吹奏楽の曲でカーナウ作曲「セレブレーション〜サンサーンスの主題より」てのがあるんです。この曲がめちゃくちゃ好きで、この”主題”てのはオルガンの2楽章のフレーズなのです。そりゃ気に入るわってわけで(笑)。オルガンかっこいい〜。
帰りにタワレコ行って、音源探し。めでたく見つかったものの痛い出費。4000円也。リヒャルトの曲集とか、新世界&モルダウのPfデュオ版とかにも惹かれたものの、我慢我慢。

そういえば、すっかり書くのを忘れてました。舌は昨日あたりで治った模様。笛吹けたし。と思ったら次は口内炎ができました。私の口の中は慌しいです。私自身も慌しいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です