演奏会

珍しく西の方へ。久し振りにアミューたちかわへ行きました。大学入ってから行ったかな?曲は、Debussy:牧神の午後への前奏曲、Ravel:クープランの墓、Richard Strauss:アルプス交響曲。どれも聴き所、なんておいしいプログラムだ。クープランの墓は曲名しか知らなくて、初めて聴いたのですが楽しい曲ですね。曲からかもし出される雰囲気が丸でど小組曲(Debussy)だ。しかし何と言ってもアルプス交響曲。やっぱりこれが聴きたくて行ったようなもんですから。50分ぶっ続けであるのに全然飽きずいられるってのはスゴイです。Tpのあのソロがすごかった。かっこ良過ぎる。Hr8本の迫力も。もちろんピッコロも素敵でした。これは生で聴きたい曲だ。でも予習してけば良かったかな、と思った。なんとなく今どの情景かってのは分かるんだけど、たまに見失ったりしてしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です